本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。
ランキング
1位
2位
3位
4位
5位
ピックアップ
 
 

個人向け国債とは?

個人向け国債とは?

「国債」とは、「国」が発行している「債権」の事を指します。 国が保証をしているため、国で一番安心できる債権と言えます。

人気の理由は色々ありますが、一番は元本保証と言えるでしょう。
⇒ 個人向け国債とは?

国債の仕組みについて

国債の仕組みについて

国債は国の機関である財務省が発行を担当しています。

国債の発行計画は、翌年度の国家予算の財務省原案が提出される際に発表されます。
又、国債の販売は証券会社や銀行、郵便局が行っています。
⇒ 国債の仕組みについて

国債の買い方を知ろう

国債の買い方を知ろう

個人向け国債は証券会社や銀行、郵便局で購入することができます。

国債は数年前からぺーパーレス化されており、振替口座への登録が国債保有の証になります
購入の際には各金融機関で取引のための口座が必要になります
⇒ 国債の買い方を知ろう

個人向け国債の種類について

個人向け国債の種類について

個人向け国債には「変動利付き10年タイプ」「固定利付き5年タイプ」があり、それぞれに特徴があります。

個人向け国債の大きな特徴と言えば、「非市場性国債である」というところでしょう。
⇒ 個人向け国債の種類について

国債の利子と手数料について

国債の利子と手数料について

同じ個人向け国債でも「固定利付き5年」「変動利付き10年」では利子の計算方法が異なります。

手数料については、該当金融機関によって異なってきます。
⇒ 国債の利子と手数料について

個人向け国債「固定5年」商品概要

個人向け国債「固定5年」商品概要

「固定5年」では、満期までの5年間、発行時に設定された利率は変わりません。 つまり、5年間は同じ額の利子を年2回受け取れます。

基準となる「5年固定金利付国債」の実勢金利−0.05%が適用利率となります。
⇒ 個人向け国債「固定5年」商品概要

個人向け国債「変動10年」商品概要

個人向け国債「変動10年」商品概要

半年ごとに利率が変わるのが個人向け国債「変動10年」です。

基準となる「10年固定金利付国債」の実勢金利−0.80%が適用金利になります。
⇒ 個人向け国債「変動10年」商品概要

変動10年過去の利率

変動10年過去の利率

個人向け国債「変動10年」の過去の利率一覧です。

今後の参考になると思いますので、ご購入を検討されている方は確認して頂くと良いでしょう。
⇒ 変動10年過去の利率

国債には中途換金と償還がある

国債には中途換金と償還がある

個人向け国債は、日本政府が元本と利子の支払いを保証しているので、国内で一番信用力が高い債券です。

中途換金は、10年変動タイプで1年経過後、5年固定タイプで2年経過後、手数料を支払うと換金できます
⇒ 国債には中途換金と償還がある

国債のリスクを学ぶ

国債のリスクを学ぶ

国債では「元本割れのリスク」は抑えられています。

中途換金でも元本割れはありませんが、換金の際に手数料はかかりますのでご注意下さい。
⇒ 国債のリスクを学ぶ

個人向け国債とその他の国債

個人向け国債とその他の国債

個人向け国債以外にも個人で購入出来る国債があります。

様々な国債がありますので、比較・検討してみると良いかもしれません。
⇒ 個人向け国債とその他の国債

個人向け国債を選ぶコツ

個人向け国債を選ぶコツ

個人向け国債を選ぶ時には、まず、固定タイプか変動タイプを選びましょう。

長期金利が上がりそうなら変動10年タイプ
下がりそうなら固定5年タイプを選ぶと良いでしょう。
⇒ 個人向け国債を選ぶコツ

個人向け国債Q&A

個人向け国債Q&A

個人向け国債に関するQ&Aです。

様々な質問、及び解答をご用意しています。
⇒ 個人向け国債Q&A

個人向け国債に関する用語集

個人向け国債に関する用語集

個人向け国債に関する用語集です。

ご購入やお調べの際にお役立て下さい。
⇒ 個人向け国債に関する用語集

▲ページトップへ